みそタク裏話その3 危機管理のお話

タクシーの屋根についている例のアレ。

行灯(あんどん)と呼ばれる看板のようなもの。

夜で空車になると明かりがつき、お客さんを乗せると消える…

と思いきや点きっぱなしのパターンもある…統一せい!

 

その例のアレが赤く点滅しているのを見たことがあるでしょうか?

有名ですかね?実はあれ、車内で緊急事態が起こった時に外部に知らせるシステムなのです。

スイッチの場所は教えられませんが、割と操作しやすい場所にあるので、何かの間違いで押してしまったままの車をたまーに見かけます。

 

もうひとつ、「空車」「迎車」などの表示のところに「SOS」と表示させるシステムも搭載されています。

こちらは行灯の点滅スイッチとはまた別のスイッチがあり、これを押すと「SOS」の表示とともに無線がオペレーターと直通状態になります。(会社によって違いますが)

無線機を操作せずとも車内の音声が垂れ流しになるわけです。

回線を独占するので、間違って押したままにしてしまうと他の車の無線が使えなくなり、あとでめっちゃ怒られるやつ…

そしてSOSを見かけた人に高確率で通報されるので、もれなく始末書が待ってます!いやー!!

 

さて、なんでこんな話をしたのかというと、今回のお題はこちら!

北海道にお住まいの【北見LOVE】さんからのお便りです!ありがとうございます!

さっそくお答えしますと、狩られたことはないです!未遂もないです!

僕のいた10数年で、同僚も被害に遭ったことは聞いたことないです。

おわり。

 

いや、これけっこうお客さんにも聞かれるのですが、ほんとにないですw

都内のそこそこ人が多い繁華街で仕事してましたけど平和だったなぁ。

これだと今日の番組が終わってしまうので、強盗ではないけれどバトルを挑まれたお話をちょっとしよう。

 

深夜、絵に描いたようなフラフラよっぱおじさんを駅から乗せて、一本道をまっすぐ走りちょうど1,000円。

おじさん「おぉい、いつも910円だぞぉ!」

みそ「申し訳ないですが今日は1,000円のようですね」

 

一本道で近道も遠回りもありえないのでどうしようもない。

おじさん「ごまかすなオイ降りろコラアアアアアアアアアアアアア!!」

みそ「アイヨ!」

 

経験上、降りろと言われたらさっさと降りて冷静に堂々としてるほうが何も起こらない。

しかしこのおじさん、すぐさま戦闘態勢に入りつかみかかってきた。フラフラだけど。

そのまま腕を掴んで歩道の植え込みにポイッと捨ててめんどくさいので放置。1,000円取り損ねたよ。

なにやら叫んでましたが、構ってられないので駅に戻り交番で報告。

事件にならないと受け付けてくれませんが、こういうことがあった、という報告だけでも無理やりしておくと後が楽かも。

 

事件にならずとも、通行人やお客さんに絡まれるなんてことはしょっちゅう。

よくある事でいちいち気にしてられないので、そのまま仕事を続け事務所に報告も忘れた模様。

 

次の出番の日、出社すると…

所長「ねえ…みそ君、前回の出番でケンカした?」

みそ「ん……?あ~…」

 

やべえ忘れてた。交番に出頭しなきゃいかんかのぅ…

 

所長「さっき菓子折り持って謝罪にきたよ」

みそ「はい?」

所長「先日こちらの若い運転手さんにからんでぶっ飛ばされました。申し訳ありませんて」

みそ「律儀だのぅ…」

所長「そんで靴が片方ないからどこに投げたのか教えてほしいだってwww」

カステラおいしかったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください